最もバスケに影響を与えた選手 4位 ビル・ラッセル

2019年2月10日

4.ビル・ラッセル

影響:

アメリカのチームスポーツ史上、最も偉大なる「勝者」はビル・ラッセルだ——-

これが全てを物語っています。


ですがしかし、これが全てというわけでもないのです。


11度のNBAタイトル。そして最後の2つはプロスポーツの歴史上、初めての黒人監督として獲得したものです。


そしてNCAA連覇。


さらにはオリンピック金メダル。


ラッセルは、いわばチームスポーツにおける「勝利」にまつわる記録という記録を全て保持しているのです。


個人的にはラッセルは博識な人物でした。

決して並外れたポイントゲッターではありませんでしたが、それでもなお彼は偉大なオフェンシブプレイヤーでした。

当時の NBAではラッセルのようにパスを捌けたセンターはほとんどおらず、さらに彼はダンクを日常茶飯事なもの、とりわけカジュアルなプレーに変えた最初の選手でした。

それまではダンクは滅多に起こることはなく、背の高い選手からしてもある意味特別な行為だったのです。


そしてもちろん、彼のシュートブロックはNBAチームのディフェンスの演出方法に革命をもたらしました。

シュートブロックはラッセル以前にも明らかに存在しましたが、しかし彼はその行為を、相手選手を心理的、そして物理的に破壊するある種のアートに変えたのです。


そう、以上がラッセルが勝者であることの根拠です。しかし、活動家としてのラッセルはどういうわけかもっと壮大なのです。

アイゼンハワー大統領とオーバルオフィスで話をした何日か後、 彼が黒人であるが故にガソリンスタンドやレストランでサービスを拒否されたことの意味は彼にもわかっていました。

1950年代から現在に至るまで、彼はインタビューをし、記事や本を書いて、そして今、アメリカの社会に潜む不条理に対処するためにTwitterで活動を続けています。

人種差別、警察の残虐行為、貧困、偏見、搾取:彼はこれらのトピックを60年以上に渡って焦点としてきており、あきらめる兆候は見られません。


活動家ラッセルの戦いは、まだまだ続くのです。