最もバスケに影響を与えた選手 5位 ウィルト・チェンバレン

5.ウィルト・チェンバレン

影響:

チェンバレンは膨大な数の記録を残しましたが、そのうちのいくつかは決して破られることはありません。 念のため言っておくと、それは誰かがいつかおそらく塗り替えることができるであろう「100点ゲーム」を除いても、です(笑)


55リバウンドの試合? それはもはや不可侵領域です。 1シーズン平均50得点以上? 手が届くわけもありませんね(笑)


シーズン全体で48.5分間ゲームをプレイすることでしょうか?


はい、NBAのレギュレーションは48分間です。1試合より長いです。
従って明らかに到達不可能です。

しかし、そういったスタッツの数々は、ビル・ラッセルvsウィルト・チェンバレンの論争の肥やしになる表面的な判断材料に過ぎず、常にウィルトをセルフィッシュであると見なすことに依拠していたのです。


そもそもチェンバレンはチームの記録を塗り替えることが好きでした。

チェンバレン率いる76ersがNBA優勝を果たした1967年には、彼らはその過程で当時のNBAにおける1シーズン68勝という記録を樹立しました。


1972年にチェンバレンのレイカーズが優勝した時は、69勝という新しい記録を打ち出し、さらには現代プロスポーツにおいても最長記録となっている33連勝というアンタッチャブルなレコードまで出してしまうのです。


しかし、その功績と同じくらい重要なのは、チェンバレンの素晴らしい人間性でした。

圧倒的な強さ、異常なまでのウィングスパン、最高級のスピード、並外れた跳躍力など、彼の天才的なアスレチック能力と、社交的な性格が、彼を他のスポーツ選手とは一線を画す存在としました。

俳優、歌手、陸上選手、ナイトクラブのオーナー、ボクサー、そしてバレーボール愛好家として、彼は自身のステータスとNBAにおける地位を高めていったのです。