最もバスケに影響を与えた選手 10位 ステフィン・カリー

2019年2月16日

10.ステフィン・カリー

影響:

今やスポーツバーでは毎日のようにカリーについて議論が繰り広げられています。

「カリーは史上最高のシューターだ。」

ウォリアーズのチームメイト、ケビン・デュラントは2016-17シーズンの開幕前にこう言いました。


カリーは、すべてのカテゴリーにおけるシュート成功率(フィールドゴール、スリーポイント、フリースロー)において、史上最高水準の数値を記録しています。

彼の卓越したシュートスキルが常識を覆し続ける一方で、NBAにおける「良質なシュート」に必要なものは何たるか、という答え自体を変えてしまった選手でもあるのです。


ウォリアーズのファンは、試合開始の数時間前からカリーのウォーミングアップを一目見ようと集まります。
ひとたび試合が始まると、カリーは言わば罪深い距離から理不尽なプルアップを放ち、極端に高確率なステップバックを沈め、その巧みなるハンドリング能力、輝かしいクイックリリースによってどこからともなく、ある種の爆弾を落とすのです、、、


すべからくして超人的、あるいはNBAの多くのシューターに悪影響を及ぼしているとも言えるような、でもそれでいて高確率を維持しているこういったプレーの数々は、カリーが3度のNBAチャンピオン、そして2度のシーズンMVPを獲得するのには十分だったのです。

「NBAにおけるシューティング全盛時代の象徴」としての姿だけがカリーの全てではなく、身体能力差や身長差を克服する上での、必要なスキルを定義づけたロールモデルとして、彼に憧れる子供達へのインスピレーションという意味で、カリーの存在、バスケットボールに与えた影響は計り知れません。